建設業財務諸表の解説

建設業財務諸表の解説 >  法人用 >  注記表

注記表 | 法人用 | 建設業財務諸表の解説

注記表は、建設業法施行規則別記様式「第十七号の二」として様式が決められています。

経営状況分析申請時には、 注記表 7(2)「保証債務、手形遡求債務、重要な係争事件に係る損害賠償義務等の内容及び金額」欄に、 受取手形割引高と裏書手形譲渡高を必ず入力して下さい。

注記表は、会社の状況によって、記入が必要な箇所が異なります。 詳細はこちらをご覧下さい。

経営状況分析手数料 7千円(税別)

経審ソフト経審大臣(R)シリ-ズでは、必要事項を入力するだけで注記表が完成します。 資料請求で、フリー版を無料でお送りしています。 関連会社の経営状況分析機関では、経営状況分析手数料7千円(税別)。クレジットカード払い可。 結果通知書はレターパックプラスで発送。 北海道・九州でも主要都市なら発送後翌日着。

建設業財務諸表改正

注記表の直近の改正(注記内容の変更等)は、平成25年4月建設業財務諸表改正です。

お知らせ

株式会社建設業経営情報分析センター>のサイトには 勘定科目分類をPDF形式で掲載しています。


トップ
サイト運営者
免責事項
作成のポイント
建設業と兼業を分ける
財務諸表間 金額一致
千円単位 端数処理
資産基準(5%ルール)
完成工事原価報告書
準備金・積立金・引当金
振り替え(営業債権等)
法人用
貸借対照表
 ・流動資産
 ・有形固定資産
 ・無形固定資産
 ・投資その他
 ・繰延資産の部
 ・流動負債
 ・固定負債
 ・純資産の部
損益計算書
 ・売上高・売上原価
 ・販売費一般管理費
 ・営業外収益・費用
 ・特別損益
 ・法人税・当期純利益
完成工事原価報告書
株主資本等変動計算書
注記表
兼業事業売上原価報告書
個人用
貸借対照表
損益計算書
兼業事業売上原価報告書
建設業財務諸表の改正
関連サイト
経営状況分析申請
財務諸表に多い修正