建設業財務諸表の解説

建設業財務諸表の解説 >  法人用 >  完成工事原価報告書

完成工事原価報告書 | 法人用 | 建設業財務諸表の解説

完成工事原価報告書には勘定科目の追加は認められていません。

「期首未成工事支出金」等の科目追加はできないことになっています。 定義されている勘定科目の「材料費」「労務費」等に振り分ける必要があります。

勘定科目名 内容
材料費 工事のために直接購入した素材、半製品、製品、材料貯蔵品勘定等から振り替えられた材料費(仮設材料の損耗額等を含む)。

労務費 工事に従事した直接雇用の作業員に対する賃金、給料及び手当等
工種・工程別等の工事の完成を約する契約で、その大部分が労務費であるものは、労務費に含めて記載することができる。
(うち労務外注費) 労務費のうち、工種・工程別等の工事の完成を約する契約で、その大部分が労務費であるものに基づく支払額。
外注費 工種・工程別等の工事について素材、半製品、製品等を作業とともに提供し、 これを完成することを約する契約に基づく支払額。 ただし、労務費に含めたものを除く。
経費 完成工事について発生し、又は負担すべき材料費、労務費及び外注費以外の費用で、 動力用水光熱費、機械等経費、設計費、労務管理費、租税公課、地代家賃、保険料、 従業員給料手当、退職金、法定福利費、福利厚生費、事務用品費、通信交通費、交際費、補償費、雑費、出張所等経費配賦額等。
(うち人件費) 経費のうち、従業員給料手当、退職金、法定福利費及び福利厚生費。

完成工事原価の金額一致

完成工事原価の合計金額は、損益計算書の完成工事原価と一致する必要があります。

経営状況分析手数料 7千円(税別)

経審ソフト経審大臣(R)シリーズでは、 金額が一致しているか、一目で確認できる「整合性確認」機能があります。 資料請求でフリー版を無料送付。 関連会社の経営状況分析機関では、分析手数料7千円(税別)。クレジットカード払い可。 結果通知書はレターパックプラスで発送。 北海道・九州でも主要都市なら発送後翌日着。


トップ
サイト運営者
免責事項
作成のポイント
建設業と兼業を分ける
財務諸表間 金額一致
千円単位 端数処理
資産基準(5%ルール)
完成工事原価報告書
準備金・積立金・引当金
振り替え(営業債権等)
法人用
貸借対照表
 ・流動資産
 ・有形固定資産
 ・無形固定資産
 ・投資その他
 ・繰延資産の部
 ・流動負債
 ・固定負債
 ・純資産の部
損益計算書
 ・売上高・売上原価
 ・販売費一般管理費
 ・営業外収益・費用
 ・特別損益
 ・法人税・当期純利益
完成工事原価報告書
株主資本等変動計算書
注記表
兼業事業売上原価報告書
個人用
貸借対照表
損益計算書
兼業事業売上原価報告書
建設業財務諸表の改正
関連サイト
経営状況分析申請
財務諸表に多い修正