建設業財務諸表の解説

建設業財務諸表の解説 >  法人用 >  貸借対照表 >  純資産

純資産の部 | 貸借対照表 | 法人用 | 建設業財務諸表

純資産(ジュンシサン)は、資産から負債を差し引いたもので、株主資本、評価・換算差額等、新株予約権の3つに区分されます。

株主資本

勘定科目名 内容
資本金 会社法第445条第1項及び第2項、第448条並びに第450条の規定によるもの。
新株式申込証拠金 申込期日経過後における新株式の申込証拠金。
資本剰余金
 資本準備金
会社法第445条第3項及び第4項、第447条並びに第451条の規定によるもの。
 その他資本剰余金 資本剰余金のうち、資本金及び資本準備金の取崩しによって生ずる剰余金や自己株式の処分差益など資本準備金以外のもの。
利益剰余金
 利益準備金
会社法第445条第4項及び第451条の規定によるもの。
 その他利益剰余金
 ・・・準備金
 ・・・積立金
株主総会又は取締役会の決議により設定されるもの
 繰越利益剰余金 利益剰余金のうち、「利益準備金、・・・準備金、・・・積立金」以外のもの。
自己株式 会社が所有する自社の発行済株式。
自己株式申込証拠金 申込期日経過後における自己株式の申込証拠金。

評価・換算差額等

勘定科目名 内容
その他有価証券評価差額金 時価のあるその他有価証券を期末日時価により評価替えすることにより生じた差額から税効果相当額を控除した残額。
繰延ヘッジ損益 繰延ヘッジ処理が適用されるデリバティブ等を評価替えすることにより生じた差額から税効果相当額を控除した残額。
土地再評価差額金 土地の再評価に関する法律(平成10年法律第34号)に基づき、事業用土地の再評価を行ったことにより、 生じた差額から税効果相当額を控除した残額。

新株予約権

勘定科目名 内容
新株予約権 会社法第2条第21号の規定によるものから、同法第255条第1項に定める自己新株予約権の額を、控除した残額。

トップ
サイト運営者
免責事項
作成のポイント
建設業と兼業を分ける
財務諸表間 金額一致
千円単位 端数処理
資産基準(5%ルール)
完成工事原価報告書
準備金・積立金・引当金
振り替え(営業債権等)
法人用
貸借対照表
 ・流動資産
 ・有形固定資産
 ・無形固定資産
 ・投資その他
 ・繰延資産の部
 ・流動負債
 ・固定負債
 ・純資産の部
損益計算書
 ・売上高・売上原価
 ・販売費一般管理費
 ・営業外収益・費用
 ・特別損益
 ・法人税・当期純利益
完成工事原価報告書
株主資本等変動計算書
注記表
兼業事業売上原価報告書
個人用
貸借対照表
損益計算書
兼業事業売上原価報告書
建設業財務諸表の改正
関連サイト
経営状況分析申請
財務諸表に多い修正