建設業財務諸表の解説

建設業財務諸表の解説 >  法人用 >  貸借対照表 >  流動負債

流動負債の部 | 貸借対照表 | 法人用 | 建設業財務諸表

流動負債(リュウドウフサイ)は、正常な営業サイクル内における負債及び1年以内に返済しなければならない負債のことです。

勘定科目名 内容
支払手形 営業取引に基づいて発生した手形債務。 (*)電子記録債務は、支払手形に含めて下さい。
工事未払金 工事費の未払額(工事原価に算入されるべき材料貯蔵品購入代金等を含む)。 ただし、税抜方式を採用する場合も取引に係る消費税額及び地方消費税額を含む。
買掛金 兼業事業売上原価に係わるものを計上して下さい。建設工事に係わるものは工事未払金に計上して下さい。
短期借入金 決算期後、 1 年以内に返済されると認められる借入金(金融手形を含む)。
リース債務 ファイナンス・リース取引におけるもので決算期後1年以内に支払われると認められるもの。
未払金 固定資産購入代金未払金、未払配当金及びその他の未払金で、決算期後 1 年以内に支払われると認められるもの。
未払費用 未払給料手当、未払利息等継続的な役務の給付を内容とする契約に基づいて、決算期までに提供された役務に対する未払額。
未払法人税等 法人税、住民税及び事業税の未払額。
繰延税金負債 税効果会計の適用により負債として計上される金額のうち、 次の各号に掲げるもの。
1.流動資産に属する資産又は流動負債に属する負債に関連するもの。
2.特定の資産又は負債に関連しないもので決算期後 1 年以内に取り崩されると認められるもの。
未成工事受入金 請負代金の受入高のうち、完成工事高に計上していないもの。
預り金 営業取引に基づいて発生した、預り金及び営業外取引に基づいて発生した預り金で、 決算期後 1 年以内に返済されるもの、又は返済されると認められるもの。
前受収益 前受利息、前受賃貸料等。
・・・引当金 修繕引当金、完成工事補償引当金、工事損失引当金等の引当金(その設定目的を示す名称を付した科目をもって記載すること)。

1.修繕引当金

完成工事高として計上した工事に係る機械等の修繕に対する引当金

2.完成工事補償引当金

引渡しを完了した工事に係る瑕疵担保に対する引当金

3.工事損失引当金

工事原価総額等が工事収益総額を上回る場合の超過額から、他の科目に計上された損益の額を控除した額に対する引当金

4.役員賞与引当金

決算日後の株主総会において支給が決定される役員賞与に対する引当金(実質的に確定債務である場合を除く)。

その他 営業外支払手形等、決算期後、1年以内に支払又は返済されると認められるもので、他の流動負債科目に属さないもの。

お知らせ・ご注意

「その他」に属する金額が負債の総額の100分の5を超えるものについては、 明示する科目をもって記載することとされています(詳細はこちら。資産基準:5%ルール)。

経営状況分析手数料 7千円(税別)

(株)建設業経営情報分析センターでは、分析手数料7千円(税別)。クレジットカード払い可。 資料請求で、フリーソフトを無料送付。 結果通知書はレターパックプラスで発送。 北海道・九州でも主要都市なら発送後翌日着。


トップ
サイト運営者
免責事項
作成のポイント
建設業と兼業を分ける
財務諸表間 金額一致
千円単位 端数処理
資産基準(5%ルール)
完成工事原価報告書
準備金・積立金・引当金
振り替え(営業債権等)
法人用
貸借対照表
 ・流動資産
 ・有形固定資産
 ・無形固定資産
 ・投資その他
 ・繰延資産の部
 ・流動負債
 ・固定負債
 ・純資産の部
損益計算書
 ・売上高・売上原価
 ・販売費一般管理費
 ・営業外収益・費用
 ・特別損益
 ・法人税・当期純利益
完成工事原価報告書
株主資本等変動計算書
注記表
兼業事業売上原価報告書
個人用
貸借対照表
損益計算書
兼業事業売上原価報告書
建設業財務諸表の改正
関連サイト
経営状況分析申請
財務諸表に多い修正