建設業財務諸表の解説

建設業財務諸表の解説 >  法人用 >  貸借対照表 >  有形固定資産

有形固定資産の部 | 貸借対照表 | 法人用 | 建設業財務諸表

有形固定資産は、物として実体をもつ、長期間(1年以上)所有・使用される資産のことです。

勘定科目名 内容
建物・構築物 以下の建物及び構築物を合算します。

 建物 

社屋、倉庫、車庫、工場、住宅その他の建物及びこれらの付属設備。

 構築物 

土地に定着する土木設備又は工作物。

取得価額と減価償却累計額の両方を記載します。
機械・運搬具 以下の機械装置、船舶、航空機及び車両運搬具を合算します。

 機械装置 

建設機械その他の各種機械及び装置。

 船 舶 

船舶及び水上運搬具。

 航空機 

飛行機及びヘリコプター。

 車両運搬具 

鉄道車両、自動車その他の陸上運搬具。

取得価額と減価償却累計額の両方を記載します。
工具器具・備品 以下の工具器具及び備品を合算します。

 工具器具 

各種の工具又は器具で耐用年数が1年以上、かつ取得価額が相当額以上であるもの(移動性仮設建物を含む)。

 備品 

各種の備品で耐用年数が1年以上、かつ取得価額が相当額以上であるもの。

取得価額と減価償却累計額の両方を記載します。
土地 自家用の土地
リース資産 ファイナンス・リース取引におけるリース物件の借主である資産。ただし、有形固定資産に属するものに限る。
取得価額と減価償却累計額の両方を記載します。
建設仮勘定 建設中の自家用固定資産の新設又は増設のために要した支出
その他 他の有形固定資産科目に属さないもの。
取得価額と減価償却累計額の両方を記載します。

お知らせ・ご注意

「その他」に属する資産で、その金額が資産の総額の100分の5を超えるものについては、 当該資産を明示する科目をもって記載することとされています。詳細はこちらの資産基準(5%ルール)をご覧下さい。


トップ
サイト運営者
免責事項
作成のポイント
建設業と兼業を分ける
財務諸表間 金額一致
千円単位 端数処理
資産基準(5%ルール)
完成工事原価報告書
準備金・積立金・引当金
振り替え(営業債権等)
法人用
貸借対照表
 ・流動資産
 ・有形固定資産
 ・無形固定資産
 ・投資その他
 ・繰延資産の部
 ・流動負債
 ・固定負債
 ・純資産の部
損益計算書
 ・売上高・売上原価
 ・販売費一般管理費
 ・営業外収益・費用
 ・特別損益
 ・法人税・当期純利益
完成工事原価報告書
株主資本等変動計算書
注記表
兼業事業売上原価報告書
個人用
貸借対照表
損益計算書
兼業事業売上原価報告書
建設業財務諸表の改正
関連サイト
経営状況分析申請
財務諸表に多い修正