建設業財務諸表の解説

建設業財務諸表の解説 >  改正 >  平成27年4月

平成27年4月1日改正 | 建設業財務諸表の解説

平成26年10月31日に国土交通省令第85号が公布され、貸借対照表等の財務諸表記載要領が変更されました。 平成27年4月1日に施行されました。

財務諸表に記載を要する資産の基準が100分の1から100分の5に緩和されました。 記載要領の変更内容は以下の通りです。

  1. 別記様式第十五号(法人用貸借対照表)記載要領中「100分の1」を「100分の5」に変更
  2. 別記様式第十七号の二(注記表)記載要領1中「会計方法」を「会計方針」に変更
  3. 別記様式第十七号の三(附属明細表)記載要領中「100分の1」を「100分の5」に変更
  4. 別記様式第十八号(個人用貸借対照表)記載要領6中「100分の1」を「100分の5」に変更

経営状況分析手数料7千円(税別:CIAC.JP)

経審ソフト経審大臣(R)シリーズでは、金額入力だけで、 建設業財務諸表が作成できます。昨年追加した勘定科目も自動追加されます。 資料請求で、フリー版を無料でお送りしています。 関連会社の経営状況分析機関では、経営状況分析手数料7千円(税別)。クレジットカード払い可。 結果通知書はレターパックプラスで発送。 北海道・九州でも主要都市なら発送後翌日着。

経審ソフト経審大臣(R)Super以上で、JV・決算期変更・連結決算の評点算出にも対応

経審ソフト経審大臣(R)Super以上では、 JV・決算期変更・連結決算の評点算出にも対応しています。 種類別完工高の積み上げ(振替)時の評点算出にも対応した 経審大臣Premium(R)もあります。


トップ
サイト運営者
免責事項
作成のポイント
建設業と兼業を分ける
財務諸表間 金額一致
千円単位 端数処理
資産基準(5%ルール)
完成工事原価報告書
準備金・積立金・引当金
振り替え(営業債権等)
法人用
貸借対照表
損益計算書
完成工事原価報告書
株主資本等変動計算書
注記表
兼業事業売上原価報告書
個人用
貸借対照表
損益計算書
兼業事業売上原価報告書
建設業財務諸表の改正
 ・平成27年4月改正
 ・平成25年4月改正
 ・平成22年4月改正
 ・平成20年4月改正
 ・平成18年7月改正
 ・平成16年4月改正
関連サイト
経営状況分析申請
財務諸表に多い修正