建設業財務諸表の解説

建設業財務諸表の解説 >  作成のポイント >  資産基準(5%ルール)

資産基準(5%ルール) | 建設業財務諸表作成のポイント

「その他」科目に属する資産又は負債(流動資産、流動負債、固定負債)は、 その金額が資産等総額の100分の5を超えるものは、勘定科目を明記する必要があります(資産基準:5%ルール)。

  1. Ⅰ 流動資産
  2.     ・・・・   ○○○○
  3.     その他    AAAA
  4. Ⅱ 固定資産
  5.  (1)有形固定資産
  6.     ・・・・   ○○○○
  7.     その他    BBBB
  8.  (2)無形固定資産
  9.     ・・・・   ○○○○
  10.     その他    CCCC
  11.  (3)投資その他の資産
  12.     ・・・・   ○○○○
  13.     その他    DDDD
  14.    資産合計    EEEE

資産合計EEEEが¥100,000,000だとすると、AAAA、BBBB、CCCC、DDDDは、
¥100,000,000×5%=¥5,000,000.-を超えることはできません。

¥5,000,000.-を超える場合には、勘定科目を明記(勘定科目追加)して、金額を分けて計上しなければなりません。

流動負債と固定負債についても同様のことが言えます。

資産基準の緩和

資産基準は、平成27年4月建設業財務諸表改正で、100分の1から100分の5に緩和されました。

経営状況分析手数料7千円(税別:CIAC.JP)

経審ソフト経審大臣(R)シリーズでは、金額入力だけで、 建設業財務諸表が作成できます。 資料請求でフリー版を無料送付。 関連会社の経営状況分析機関では、 経営状況分析手数料7千円(税別)。クレジットカード払い可。 結果通知書はレターパックプラスで発送。 北海道・九州でも主要都市なら発送後翌日着。 代理申請でも結果通知書を建設会社に直接発送可。 複数社のクレジットカード払いにも対応。


トップ
サイト運営者
免責事項
作成のポイント
建設業と兼業を分ける
財務諸表間 金額一致
千円単位 端数処理
資産基準(5%ルール)
完成工事原価報告書
準備金・積立金・引当金
振り替え(営業債権等)
法人用
貸借対照表
損益計算書
完成工事原価報告書
株主資本等変動計算書
注記表
兼業事業売上原価報告書
個人用
貸借対照表
損益計算書
兼業事業売上原価報告書
建設業財務諸表の改正
関連サイト
経営状況分析申請
財務諸表に多い修正