建設業財務諸表の解説

建設業財務諸表の解説 >  作成のポイント >  準備金・積立金・引当金 >  引当金

引当金 | 準備金・積立金・引当金 | 建設業財務諸表作成のポイント

引当金は、将来の特定の支出や損失に備えるために、貸借対照表の負債の部に計上される金額のことです。 1年以内の比較的短い保証の場合には流動負債に、1年を越える比較的長い保証の場合には固定負債に計上します。 引当金の具体例は以下のものです。

  1. 修繕引当金

    完成工事高として計上した工事に係る機械等の修繕に対する引当金

  2. 完成工事補償引当金

    引渡しを完了した工事に係る瑕疵担保に対する引当金

  3. 工事損失引当金

    工事原価総額等が工事収益総額を上回る場合の超過額から、他の科目に計上された損益の額を控除した額に対する引当金

  4. 役員賞与引当金

    決算日後の株主総会において支給が決定される役員賞与に対する引当金(実質的に確定債務である場合を除く)

  5. 債務保証損失引当金

    債務不履行となる可能性が高いと認められる場合に、債務に対する引当金

  6. 退職給付引当金

    退職金の見込額と年金資産の期待運用実績等を加味した引当金

お知らせ

経審ソフト経審大臣(R)シリーズでは、 任意の科目追加が可能です。 資料請求で、フリー版を無料でお送りしています。 関連会社の経営状況分析機関では、 経営状況分析手数料7千円(税別)で経営状況分析申請を受け付けています。 (*)フリー版も新元号『令和』・経過措置終了・複数社対応。 結果通知書はレターパックプラスで発送。 北海道・九州でも主要都市なら発送後翌日着。


トップ
サイト運営者
免責事項
作成のポイント
建設業と兼業を分ける
財務諸表間 金額一致
千円単位 端数処理
資産基準(5%ルール)
完成工事原価報告書
準備金・積立金・引当金
振り替え(営業債権等)
法人用
貸借対照表
損益計算書
完成工事原価報告書
株主資本等変動計算書
注記表
兼業事業売上原価報告書
個人用
貸借対照表
損益計算書
兼業事業売上原価報告書
建設業財務諸表の改正
関連サイト
経営状況分析申請
財務諸表に多い修正