建設業財務諸表の解説

建設業財務諸表の解説 >  作成のポイント >  準備金・積立金・引当金 >  積立金

積立金 | 準備金・積立金・引当金 | 建設業財務諸表作成のポイント

積立金は、利益の一部を留保して、定款の規定や株主総会の決議によって積み立てる金額のことです。 「その他利益剰余金」に含まれる積立金の具体例は以下のものです。

  1. 別途積立金

    特定の目的を持たない積立金

  2. 修繕積立金

    修繕を目的とした積立金

  3. 圧縮積立金

    圧縮記帳の仕訳において、圧縮限度額の範囲内で行う積立金

積立金は、株主資本等変動計算書にも同一の科目名を設定する必要があります。

お知らせ

経審ソフト経審大臣(R)シリーズでは、 任意の科目追加が可能です。 資料請求で、フリー版を無料でお送りしています。 関連会社の経営状況分析機関では、 経営状況分析手数料7千円(税別)で経営状況分析申請を受け付けています。 (*)フリー版も新元号『令和』・経過措置終了・複数社対応。 結果通知書はレターパックプラスで発送。 北海道・九州でも主要都市なら発送後翌日着。


トップ
サイト運営者
免責事項
作成のポイント
建設業と兼業を分ける
財務諸表間 金額一致
千円単位 端数処理
資産基準(5%ルール)
完成工事原価報告書
準備金・積立金・引当金
振り替え(営業債権等)
法人用
貸借対照表
損益計算書
完成工事原価報告書
株主資本等変動計算書
注記表
兼業事業売上原価報告書
個人用
貸借対照表
損益計算書
兼業事業売上原価報告書
建設業財務諸表の改正
関連サイト
経営状況分析申請
財務諸表に多い修正