建設業財務諸表の解説

建設業財務諸表の解説 >  作成のポイント >  完成工事原価報告書

完成工事原価報告書 | 建設業財務諸表作成のポイント

完成工事原価報告書には、勘定科目の追加はできません。 以下の決められた勘定科目に振り替える必要があります。

  1. 材料費
  2. 労務費
      (うち労務外注費)
  3. 外注費
  4. 経費
      (うち人件費)

完成工事原価の計算

完成工事原価を計算する際には、以下の式を参考にして下さい。
  完成工事原価 = 期首未成工事支出金 + 当期総工事費用 - 期末未成工事支出金

勘定科目仕訳

完成工事原価報告書の勘定科目仕訳はこちらをご覧下さい。

お知らせ

経審ソフト経審大臣(R)シリーズでは、金額入力だけで、 建設業財務諸表が作成できます。 資料請求で、フリー版を無料でお送りしています。 関連会社の経営状況分析機関では、 経営状況分析手数料7千円(税別)で経営状況分析申請を受け付けています。 フリー版も複数社の申請に対応しました。


トップ
サイト運営者
免責事項
作成のポイント
建設業と兼業を分ける
財務諸表間 金額一致
千円単位 端数処理
資産基準(5%ルール)
完成工事原価報告書
準備金・積立金・引当金
振り替え(営業債権等)
法人用
貸借対照表
損益計算書
完成工事原価報告書
株主資本等変動計算書
注記表
兼業事業売上原価報告書
個人用
貸借対照表
損益計算書
兼業事業売上原価報告書
建設業財務諸表の改正
関連サイト
経営状況分析申請
財務諸表に多い修正