建設業財務諸表の解説

建設業財務諸表の解説 >  作成のポイント >  建設業とそれ以外の金額を分ける

建設業とそれ以外の金額を分ける | 建設業財務諸表作成のポイント

税務申告用の財務諸表では、建設業とそれ以外の業種の売上高等が一緒に計上されますが、 建設業財務諸表の場合には、建設業にかかわる金額と、 それ以外の金額を兼業として分ける必要があります。

具体的例としては、以下の金額を分ける必要があります。

  建設業科目 兼業科目
売上高 完成工事高 兼業事業売上高
原価 完成工事原価 兼業事業売上原価
総利益 完成工事総利益 兼業事業総利益
未収入金/売掛金 完成工事未収入金 売掛金
未払金/買掛金 工事未払金 買掛金
棚卸資産 未成工事支出金
材料貯蔵品
販売用資産 等

兼業事業売上高が0の場合は兼業がないと考えられますので、その場合には以下の金額も0にならないと、 一般的にはおかしいと判断できます。
    兼業事業売上原価、売掛金、買掛金、販売用資産 等

建設業にかかわる金額

建設業にかかわる金額とは、 建設業業種区分に該当する金額のことです。 「除雪、除草、草刈、剪定、点検」など、 建設業業種区分に該当しない金額は兼業として分ける必要があります。 但し、建設工事の完成を目的とした契約に含まれる場合には、完成工事高に含めることができます。

兼業分の棚卸資産

建設業以外の兼業分の棚卸資産(商品など)については、 販売用資産として計上して下さい。

完成工事高として計上できれば評点上は有利

経営状況分析申請時に提出する財務諸表では、 完成工事高と兼業事業売上高を分けますが、完成工事高として計上した金額については、 建設業許可業種ごとに算出する完成工事高評点X1に加点されますので、 完成工事高として計上できれば、そのほうが評点上は有利になります。

さらに、元請として受注できれば、元請完工高として加算されますので、 技術力評点Zでも加点されます。

工事種類別完成工事高は経営規模等評価申請にチェック

工事種類別完成工事高は、許可行政庁に対して行う経営規模等評価申請時に、 工事経歴書などでチェックされますので、 完成工事高と兼業事業売上高の仕訳については、経営状況分析申請時にできるだけ正確に行って下さい。

お知らせ

経審ソフト経審大臣(R)シリーズでは、金額入力だけで、 建設業財務諸表が作成できます。 資料請求で、フリー版ソフトを無料送付。 関連会社の経営状況分析機関では、 経営状況分析手数料7千円(税別)で経営状況分析申請を受け付けています。 フリー版も複数社の申請に対応しました。

はじめて経営状況分析申請をされる方へ

はじめて経営状況分析申請をされる方はこちら経営状況分析申請時に多い修正箇所についてはこちらをご覧下さい。


トップ
サイト運営者
免責事項
作成のポイント
建設業と兼業を分ける
財務諸表間 金額一致
千円単位 端数処理
資産基準(5%ルール)
完成工事原価報告書
準備金・積立金・引当金
振り替え(営業債権等)
法人用
貸借対照表
損益計算書
完成工事原価報告書
株主資本等変動計算書
注記表
兼業事業売上原価報告書
個人用
貸借対照表
損益計算書
兼業事業売上原価報告書
建設業財務諸表の改正
関連サイト
経営状況分析申請
財務諸表に多い修正