建設業財務諸表の解説

建設業財務諸表の解説 >  作成のポイント >  建設業とそれ以外の金額を分ける
           >  完成工事高として計上できれば評点上は有利

完成工事高として計上できれば評点上は有利

経営状況分析申請時に提出する財務諸表では、 完成工事高と兼業事業売上高を分けますが、完成工事高として計上した金額については、 建設業許可業種ごとに算出する完成工事高評点X1に加点されますので、 完成工事高として計上できれば、そのほうが評点上は有利になります。

元請として受注

元請として受注できれば、元請完工高として加算されますので、 技術力評点Zでも加点されます。


トップ
サイト運営者
免責事項
作成のポイント
建設業と兼業を分ける
財務諸表間 金額一致
千円単位 端数処理
資産基準(5%ルール)
完成工事原価報告書
準備金・積立金・引当金
振り替え(営業債権等)
法人用
貸借対照表
損益計算書
完成工事原価報告書
株主資本等変動計算書
注記表
兼業事業売上原価報告書
個人用
貸借対照表
損益計算書
兼業事業売上原価報告書
建設業財務諸表の改正
関連サイト
経営状況分析申請
財務諸表に多い修正